離島の郵便局訪問記

アクセスカウンタ

zoom RSS ■その169[三重県・間崎島(まさきじま)] 2004-01-08

<<   作成日時 : 2005/12/06 04:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

三重県には坂手島菅島答志島神島渡鹿野島の5島に貯金可能な郵便局があり、1990年に訪問した。間崎島にも間崎簡易郵便局があるが、貯金非扱いであった。ところが2002年3月1日付で貯金業務を取り扱うことになった。

この時期はJRの青春18きっぷを利用出来ることもあり、間崎島へのんびりとJRの普通電車を利用して行くことにした。前日の1月7日は神奈川県の小田原市、大井町、真鶴町、湯河原町の郵便局を16局訪問した。

その後、四日市へ移動して四日市市のホテルに投宿。翌8日は四日市から鳥羽までJRを利用し、さらに近鉄で賢島へ出た。阿児賢島郵便局を訪問後、間崎島へ渡った。わずか10分の航海だ。間崎島は英虞湾に浮かぶ小さな「島」だ。

英虞湾は真珠の養殖でも有名だ。海にはそれらしきものが目に入った。昨年訪問した絶海の孤島、青ヶ島とは全く異なる景色だ。「島」を訪問していると、「島」は海に浮かぶものとはいえ、「島」の周囲の風景は一つとして同じではない。

間崎簡易郵便局は漁協が受託していた。局舎は古めかしい民家のようだ。100円貯金をした後、貯金事務の取り扱い開始に関して伺ったところ、漁協での営業が芳しくないそうだ。手数料収入を稼ぐ為に貯金事務を開始したようだ。

間崎島での滞在時間は25分だ。旅客船に乗り賢島へ戻った。観光地ではあるが1月の初旬ということもあり、周囲は閑散としていた。賢島から鳥羽へ出て、さらにJRで松阪市へ。ここで自転車を借りて、市内の郵便局を10局訪問した。

その後は、JRで名古屋へ出た。名古屋駅構内できしめんを食べて、東海道線を乗り継いで帰途についた。ふだんは飛行機で遠方の目的地そばまで一気に飛ぶが、今回は青春18きっぷ利用で、旅費を安くあげることが出来た。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私、間崎島育ちでーす。
るい
2008/03/21 16:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
■その169[三重県・間崎島(まさきじま)] 2004-01-08 離島の郵便局訪問記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる