離島の郵便局訪問記

アクセスカウンタ

zoom RSS ■その174[鹿児島県・宝島(たからじま)] 2004-05-26

<<   作成日時 : 2005/12/11 00:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

悪石島を出たフェリー「としま」は小宝島に寄港し、レントゲン検診を終えた後に宝島へ向かった。この宝島にある宝島郵便局を訪問すれば、トカラ列島3島3局の郵便局を完訪することになる。雲はあるものの天候は悪くない。

トカラ列島は霧島・屋久島火山帯に属している。口之島から悪石島までの各島は火山特有の地形である。周囲は断崖絶壁に覆われ起伏が激しく、平坦地が少ない。それらの島々に比べて、宝島は珊瑚礁が隆起した「島」だ。

宝島にはその昔、英国の海賊であるキャプテン・キッドが財宝を隠したと言われる鍾乳洞があるそうだ。実際に国内外から多くの探検家や賞金稼ぎが訪れたらしいが、今でこそフェリーは立派だが、当時の渡島は辛かっただろうと思う。

さらに、宝島は1824年に英国船に侵略され、翌年江戸幕府が命じた「異国船打払令」の一原因ともなった、歴史的な「島」なのだ。尚、トカラ列島の「トカラ」は宝島の「たから」から名付けられたという説もあり、奥が深い「島」だ。

前籠漁港の背後には壁画が描かれている。高さにして10メートル以上、幅にして100メートルはあろうかと思われる。壮大な眺めだ。こういう美的感覚を有する方が宝島にいて、その方は企画力をも持ち合わせた方なのだろう。

宝島郵便局でも、口之島郵便局中之島郵便局と同じ依頼を各自が行った。トカラ列島3島3局の中で、宝島郵便局のみ風景印が配備されており、ここから友人宛てに葉書を差し出した。宝島郵便局訪問を終えてホッとした。

宝島を出る前に、予め宝島の民宿に依頼していた昼食用の弁当を受け取り、「としま」に乗り込んだ。鹿児島本港から宝島までは約334キロメートルもある。これは東海道新幹線では東京〜名古屋間の距離に少々足りないぐらいだ。

トカラ列島最北端の口之島から最南端の有人島である宝島までは約130キロメートルある。この距離は日本一長い村だそうだ。その130キロメートルの間にある7島に住む人は、合計で1000人に満たない。これだけで唸ってしまう。

その7島に住む方々のレントゲン検診に従事された方々の姿を随時見てきた私は、島嶼の医療問題を意識せざるを得なかった。首都圏に住む私は医療施設が近所にあって当たり前と思っている。健康に留意したい。

宝島を後にした「としま」は奄美大島の名瀬港へ向かった。「としま」は宝島折り返しの便と、名瀬港折り返しの便がある。今回の便は名瀬便だ。名瀬港へ着く間に今回のトカラ列島郵便局めぐりの旅を色々と思い出した。

稀少動物であるトカラ馬を実際に目にすることは無かった。悪石島の仮面神である「ボゼ」はお盆の最終日にしか見られないのが残念だ。宝島での宝探しも出来なかった。トカラでの楽しみは結構あるものだと感じた。

宝島から約3時間で名瀬港に到着した。鹿児島本港を出て奄美大島の名瀬港までの間、「としま」での揺れは感じられなかった。トカラ航路は荒れるだろうという予想に反して、海上は凪状態が続いた。これは嬉しい誤算でもあった。

「としま」は小宝島を約20分、宝島を約1時間それぞれ早発した為、名瀬港には定刻よりも1時間以上早い14時半過ぎに到着した。16時までには1時間以上も時間がある。そうなると、奄美大島の郵便局めぐりである。

今回のトカラ列島郵便局めぐりに参加した5名の中で、Sさん(埼玉県在住)とYaさん(東京都在住)、及び私の3人は奄美大島の郵便局は完訪していた為、Tさん(東京都在住)、Yさん(広島県在住)の郵便局めぐりに同行した。

Sさんがレンタカーを借り受ける間、徒歩で名瀬郵便局へ。Sさん運転のレンタカーで名瀬市内の郵便局と龍郷町の郵便局を16時になるまで訪問した。途中、Tさんはバスで名瀬市街へ戻った。Tさんは翌朝、フェリーで徳之島へ渡った。

残る4人で奄美空港へ向かった。奄美空港でYさんが鹿児島空港行きの飛行機に搭乗し、残ったSさん、Yaさん、私の3人は奄美大島を北上し、笠利町の笠利郵便局まで行った。ここでエコー葉書を購入し、あやまる岬をぶらついた。

奄美空港に着いて、レストランで夕食をとり、奄美空港19時発の羽田空港行きの機上の人となった。宝島郵便局で宝くじを購入した方がいたが、めでたく高額の賞金を手にすることが出来たのかは未だ不明だ。


フルーツショッピング「ベストセレクション」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
本日、某島から帰ってきました。

懐かしいですね。もう、1年半以上も経つのですね。
なんともいえない贅沢な2日間でした。
ドリーム
2005/12/12 00:03
ドリームさん、初めまして! ※お約束です(笑)

サラリーマンの身には、確かに贅沢な2日間でしたね。
それにしても、私のブログをどうして知ったのですか(^^;
島本部長
2005/12/12 05:36
「蛇の道は蛇」ということで・・・
しばらくは、どなたのブログか分かりませんでしたが、よく読むと次第と開設者が分かってきました。(^^;;
ドリーム
2005/12/12 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
■その174[鹿児島県・宝島(たからじま)] 2004-05-26 離島の郵便局訪問記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる